ほんじゃらねっと

食と自転車とダイエットとたまにプログラミング

家にホワイトボードを置いてみたら

f:id:piro_suke:20191209150053j:plain

「家にホワイトボードがあれば、子どもたちが予定を書き込んだり、やることを管理したりして、何かしらマネジメント力的なものが身につく気がする。」

そんなふんわりした期待をもって買いました、ホワイトボード。A4サイズよりちょっと大きいぐらいのもので、黒赤青3色のマーカーとイレーサー(ホワイトボード消し)とセットで300円です。

リビングの廊下に出るドアの隣の、自分たちの部屋に行く時や外出する時に目につく場所に置いています。

子どもたちは最初学校にある黒板のミニ版みたいな感覚で捉えていたようで、人形を前に並べて、自分は先生になってホワイトボードに問題を書いて解説する学校ごっこをしてました。想定していた使い方とはちがいますが、なかなか可愛いことを思いつきます。

クイズ番組のフリップのように宿題の答えを書いてみたり、お絵描きしてみたり、案外興味を持って新たな使い方を模索しているようです。

こないだ見たら

「れいぞうこのおやつ、食べてね by ママ」

「はーい (^o^)」

と仕事に行く前の妻と学校から帰った次女の間の大変癒やされるやりとりが残っていました。ついにLINE風の非同期コミュニケーションが取れる段階に入ったようです。メッセージの隣には似顔絵やかわいい動物の絵が書いてあって、1年生にして既に顔文字を使いこなす素養が現れてます。

今日また見たらチェックリストのようなものが書かれていました。ようやく本来期待していた使い方に到達したようです。

何のチェックリストかな、と見てみると日曜から土曜までの曜日が書いてあり、日曜から火曜までがチェックされています。タイトルは「こたつまであと4日」。妻との「1週間食事をこぼさなかったらこたつを許可する」という取り決めの進行状況を記録しているようです。こたつゲットへの意欲を感じます。

ホワイトボードを置いておくだけで案外色んな使い方をしてくれるものですね。買って良かったです。