ほんじゃらねっと

食と自転車とダイエットとたまにプログラミング

旅の記憶は薄れても食べた記憶は残ってる

f:id:piro_suke:20191209091517j:plain

楽しい旅の思い出も、時間が経つと薄れていくものです。その中で最後まで覚えていることは、きっとその時強く心に残ったものなのでしょう。

例えば20年以上前の高校の修学旅行について私が覚えているのは、

天気が悪かったこと、

調理実習で作った「ジューシー」という沖縄風炊き込みご飯がおいしかったこと、

行きの飛行機で沖縄の島が見えてきた時に誰かが「ほんとうに、本島だ」とダジャレで機内の温度を下げたこと、

くらいです。

たった3つだけ残っている思い出に寒いダジャレが入ってるって、どんだけつまんない修学旅行だったんだ、という話ですが、きっと他の乗客もいる中で大声でダジャレを飛ばす彼の勇気に衝撃を受けたのでしょう。

そんな感じで今までに行った旅行を振り返ってみると、沖縄の「ジューシー」のように食べたものに関する思い出は忘れにくいようです。子供の頃から食べることに対する興味が強かったのでしょう。おいしかったもの、まずかったものどちらも思い出せます。

中学の修学旅行は長崎に行って、そこで食べた郷土料理の「鯛茶漬け」がおいしかったのを覚えています。刺し身をご飯に乗せてお茶漬けにするのが珍しかったのと、ごま風味のタレがおいしくて、似たような料理をテレビで観るたびに思い出します。これはもう一度食べたいものです。

高校の友人同士で中国に行った時は、地元飯を食べてみようと最初に入った寂れた食堂で、読めないメニューを適当に選んで出てきたラーメンがくそまずかったのを覚えています。あれは幸先の悪いスタートでした。その後おいしいものを色々食べたはずですが、最初のラーメンの記憶が強くて思い出せません。

大学卒業間近で行ったインドについては、色々衝撃が強くて忘れられないことも多いですが、しばらく滞在してたニューデリーのレストランの「ビリヤニ」というインド風混ぜご飯が美味しくて、何度も食べたことを覚えています。有名なレストランでカレーやタンドリーチキンもおいしかったはずですが、味や香りが鮮明に思い出せるのはビリヤニだけです。インドにもう一度行きたいとは思いませんが、あのビリヤニはまた食べたいですね。

ああ、あと帰る間際に知り合ったインド人に連れていってもらったレストランでブロッコリーのカレーを食べたのも覚えています。おいしかったのですが、その後めちゃくちゃ体調を崩して数日間寝込んだので、苦い思い出です。

書いているうちに、食べもの以外のことについても徐々に記憶が蘇ってきました。記憶喪失みたいな書き方になってますが、物忘れが激しいだけですよ。また面白いことを思い出せたら書きます。