ほんじゃらねっと

食と自転車とダイエットとたまにプログラミング

気づいたらノートを取るのが趣味になっていた

f:id:piro_suke:20191209145513j:plain

学生の頃からノートを取るのが割と好きでした。ノートを取るのが好き、というよりは取ったノートの内容を後から見返すのが好きなのです。自分が得た知識、理解したことがまとめられて蓄積されていくのを見るのが楽しいのです。

中学生になった時に祖父に初めて手帳とペンを買ってもらって、このちょっと大人な文房具を使う機会を作るためにその日にあった出来事なんかを書くようになって、だんだんノート作りが楽しくなっていきました。勉強が好きというわけではなかったのですが、ノートを取って見返しているうちに内容を覚えたりするので、勉強の役には立ちました。

バイトや仕事の給料で文房具が買えるようになると、だんだんこだわりが強くなってきて、良い書き心地のノートとペンを求めて買い集めるのが趣味みたいになってきました。ペンはまだ最高の1本と言えるものには出会っていませんが、ノートについては「アピカ Premium C.D. NOTEBOOK」が今のところ最高じゃないかと思ってます。

ペンを書き心地で選ぶように、紙も書き心地で選ぶ。こだわる大人のためのノート、「Premium C.D. NOTEBOOK」。

紙質が滑らかで、ペンで書くのに最適の書き心地です。ずっと何かしら書いていたくなるような、うっとりする滑らかさです。

社会人になってからしばらくはペンとノートを集めまくっていたのですが、仕事が技術職になって常にパソコンを使うようになると、ノートアプリやメモアプリに関心が移りました。

アプリの何が良いかって、どれだけたくさんのノートを書いても、全部溜め込んで検索して見返すことができるということです。紙のノートは1冊のページ数がありますし、探す時に1冊ずつ見ていかないといけないですからね。まあこれはこれでさわり心地を楽しんだり、字の乱れ具合を楽しんだりできるので味わい深いのですが。

そんなわけで最高のノートに代わり、最高のノートアプリを探すことに情熱を燃やし始めました。

色々なノートアプリを使っては捨て、使っては捨て、してきましたが、なかなかずっと使えるものと出会うのは難しいものですね。飽き性という性格の問題もあり、たとえ「これが最高やろ!」と気に入ったものがあっても、新しい良さげなアプリを見つけるとすぐ使ってみたくなってしまいます。もう性格なのでしかたありません。新しいもの大好きです。

これまで一番長く使ってたのは多分「Evernote」です。私が初めて出会った本格的なノートアプリがEvernoteでした。スマホアプリとも同期できて、パソコン用アプリもあって、どこでもメモ帳と同じ感覚でサクサクノートを編集できるのが画期的でした。今では多くのアプリが対応してますが、当時はどこでも書けて、パソコンでサクサク編集できるものはなかなかなかったのです。

Evernoteにちょっと飽きてから、MicrosoftのOneNote等他のノートアプリを試してみたり、自分でアプリを作ってみたり、色々使ってみました。

ここ1週間くらいのお気に入りは「Google Keep」です。

ferret-plus.com

ノートアプリというよりはメモアプリですね。がっつり文章を残すのではなく、たくさんメモを書いて見返すのに適しています。スマホアプリでは話した内容を文字起こしして同時に録音もしてくれる音声認識機能もあって、シンプルながら良い機能がついています。

私が特に気に入ってるのが、書いたメモの一覧での見せ方です。ノートアプリは文章量が多くなることを想定してか、一覧は基本的にタイトルだけを表示する仕様になっていて、たくさんのノートを内容も含めて表示する機能がないのが不満だったのですが、Google Keepは実にいい感じで表示してくれます。

まるで自分の頭の中で考えたことをガシャっと広げて眺めてるような感じで見せてくれるので、メモった思いつきを後から組み合わせて考えたりするのに最適です。

不満もないので、Google Keepはしばらく使いそうです。

書いてて気づきましたが、noteに書くエッセイも公開ノートのようなものですね。こうして他の人が読むように頭の中を整理してノートを作っていると新たな記憶が蘇ってきますし、個人用のノートを書くのとはまた違った刺激を得られて楽しいです。