ほんじゃらねっと

食と自転車とダイエットとたまにプログラミング

意志の力だけで運動を続けるのムリすぎる

f:id:piro_suke:20150710003808j:plain

11月になりましたね。

10月初めに記事にした「読書しながらサイクリングマシーン」運動、どうにかまだ続けられています。

blog.honjala.net

1回30分を週2〜3回、9月に始めたのでほぼ2ヶ月続いてます。これだけ続いてたらこのまま継続できそうです。

最初は仕事が終わったあと夕方に走っていたのですが、夕方はなんやかんや用事が入る時があるので、昼食前に走るようになりました。午前の仕事が終わったらすぐ30分走って、帰ってから昼食を食べて午後の仕事を開始します。いつも昼食を終えてから午後の仕事開始まで30分くらいダラダラ本を読んでいた時間で運動を済ませることができるようになったので時間効率アップです。運動してすっきりした気分で午後の仕事に入れるので、仕事効率も上がってる気がします。

肝心のダイエットについては目に見える効果は出ておらず、体重は微減でおなかはまだタプタプですが。

これが読書ついでではない、ただのランニングだったりサイクリングだったりしたら絶対続けられていないですね。しんどくてイヤになるか、飽きてイヤになるかのどちらかで1ヶ月以内にやめてしまっているでしょう。「今日がんばっても明日も明後日もがんばらないと意味がないしなー」みたいな考えがよぎり始めたらおしまいです。

「決めたから走る」という意志の力だけではねのけて続けられる人はすごいです。そもそも本当にそんな人がいるんでしょうか?仰天ニュースとかで毎日3時間走って激ヤセした、みたいな仰天エピソードが紹介されますが、とても信じられません。どれだけ意思が強いんでしょう。しんどくても成果が見えなくても「でも決めたから」と毎日走り続けるとか。

きっと人は生まれながらにして「やるべきだと決めたことを頑張れる使命感型」と「やりたいことなら頑張れる快楽型」のどちらか決まったタイプで生まれてくるんでしょう。

生まれ持った意志の力の差ならしょうがありません。我々「快楽型」は意思が弱いなりになにか別のやりたいコトに集中してしんどさに気づかないように運動したり、どれだけ小さい成果でも見逃さずに励みにできるようにタニタやWithingsの体重計を買ったりして工夫で乗り越えるしかありません。

Withingsの体重計良いですよ。日々体重が上下していても「1ヶ月前より0.5kg落ちてるよ!」とグラフで見せて励ましてくれる良き相棒です。