ほんじゃら堂

めんどくさい仕事をラクにする作業自動化レシピ集

運動会で開会スピーチ

土曜日は子供が通っている保育園の運動会でした。

例年は楽しんで感動するだけで終わるのですが、 今年は保護者会の役員に選ばれており、 開会式でスピーチをするという大役を仰せつかってしまいました。

かなり緊張してたのですが、 保育士の先生方から優しい言葉をかけられたり、 園児たちの「おはようございまーす」という声に励まされたりして 何とか準備してたことを伝えることができた気がします。

大勢の人の前で話す機会というのはあまりなくて、 仕事でも年に数回くらいなのですが、 一度にたくさんの人に自分のことを知ってもらうには 大変いい機会だと思っているので嫌いではありません。 (毎回緊張でガチガチになりますが)

例えば保育園の先生や同じクラスの園児の親との関係でも、 数ヶ月に一度顔を合わせるくらいではなかなか信頼関係が できるものではありませんが、自分の気持ちなんかも入れながら スピーチをすると、それだけで自分の人物像が伝わって、 それなりに信頼度がアップする気がします。 相手からしてもスピーチの内容をとっかかりにして話しかけやすくなります。

普通に1対1で話しかけても自分のことを知ってもらうことはできますが、 大きく異なるのは、他のみんなに対しても同じことを伝えており、 それをみんなが知っている、というところだと思います。 みんなの前で、「私はこういう人間です」と宣言しているようなもので、 実際に1対1で話したことがなくても、話したことがあるように感じます。

なので、案外コミュニケーション下手な人間こそ、 人前で話す機会を増やすと良いんじゃないかと思っています。 何と言ってもスピーチは練習できますので、たくさん練習すれば自信を持って話せますし。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

人見知りが治るノート

人見知りが治るノート